BOKETTO

19歳。高校中退後、「好きなことだけして生きていく」ことを決意。高校時代に経験したサロンモデルをきっかけにカメラに恋をし、その他イラスト、ピアノ、旅、多すぎる趣味と日々恋愛中。現在は片思い中のドイツにあるアコーディオンに会うため、ヨーロッパへ。

ドイツに拘束されてます(白目)

 

死んだ。

 

1時間後には列車に乗り、
9時間後にはスロベニアにいる予定だった。

 

 

しかし、

 

 

メインのスマホが突然死を遂げた!!

 

 

 

 

 

 

イタリア?

 

そんなの知りません。

 

 

まだドイツ?

 

うるさいばーか。

 

 

 

 

さっきまで息をしていた愛しのスマホ

 

「生きてることが当たり前」だなんて思っててすまん。一日中、裸の体をいじり倒してすまん。

 

毎日一緒に抱いて寝てあげるから、

どうか朝には起きてください。

 

それとも一日じゃ休み足らないのか。

 

駅のホームで胆汁吐いてもいいから、

どうか起き上がって下さい。

 

 

 

トルコ人に会い、

同じ屋根の下で住み始め、

 

さぁ出よう!と思うと財布が消え、

 

日本からキャッシュカードが届き

さぁ出よう!と思うと駅のホームで胆汁を吐き、

 

しっかり体調を整え

さぁ出よう!と思うとスマホの突然死。

 

 

 

パーシーは、

いつになったらこの国を出られるのでしょうか。

 

目を瞑ればもうそこは、

スロベニアの自然で溢れているというのに。

 

 

 

ていうか

 

昨日、今日、

トルコ人との別れを惜しんだ涙を返せ!!!!

 

 

 

 

※連絡手段が「LINE」しかないお友達が多いので、大変困っております。

 

財布といえ、キャッシュカードといえ、仕事といえ、“一つしかない”ことはリスクがあるなぁ。

 

とりあえず日本にいる母ちゃんと、連絡取らせてください(心配であの人死んじゃいます)。

 

 

完全に禿げました。

 

ドイツどんだけパーシーのこと好きなんだよ。

 

 

ニュルンベルクめ。

おまえの愛は受け取った!!!

 

 

 

から早く解放してくれ。