BOKETTO

ヨーロッパ一人旅の記録とひとりごと。

地球のどこで生きるのか

 

日本では、「クロアチアに行きました」「セルビアに行きました」とか聞いたことのない、場所も分からない国名に行ったというだけで何故か、“やべえヤツ”にされるような所がある。そこに行った日本人が滅多にいないというのは事実であるから珍しさは確かかもしれないけれど、自分には「同じ地球」というだけであってそこに国境も何もない。見えない。

 

なぜだろう。アメリカやハワイ、ヨーロッパでもイタリアとかスペイン、と言えばそう驚かれない。いわゆる有名な「観光都市」に行けば誰も驚いて一歩下がるようなことはない。それが本当、意味不明。なんていうか、「戦地に行って写真撮ってきました!」とか「裸族と1ヶ月生活を共にしました!」とかっていう“経験”を「おまえ、やべーな!」ていうのはわかるんだけど、日本人が“ただ知らない”、“聞き馴染みがない”というだけで「〇〇(国名)に行った」っていうそれだけを称賛されたり、ヤバい奴扱いされるのは、ごめんなんだよね。

 

たとえば自分が行った国で最も美しかったのはクロアチアだけれど、逆に何故あんなにも美しい国が日本では有名でないのかが不思議。あんな天国みたいな所を知ってしまってから、同じ星にこんな場所があるんだ!という感動は一人では抑えきれず、「死ぬまでに1回は必ず行った方がいい!!」と会う人みんなに声をあげているけれど、きっとそもそも、別に興味がないんだろう(笑)

 

どちらが良い悪いではなくて、そんな人は自分が「旅してくる!」と言うだけでまるで違う世界の人間を見るような目で見てきたりする。何故なら、その人にとっては全く興味のない、存在のしない世界だから。だけど、そういった自分の生まれた街や国にしか興味のない人が「興味ない」から「存在していない」だけで、地球の裏側では知らない文化や常識、全くおかしな世界がうじゃうじゃと存在してる。それをたまたま「見てみたい!」という“外”に好奇心の向いた人間が、たまたま“旅人”とうたわれているだけ。

 

初めて自分がヨーロッパに行った時は18歳。「日本なんてクソ!まじで生きにくい誰が住めるか!」そんな感じだった。今はもう一度旅をして一周まわったところで、日本の良さも分かるけれど、やっぱり自分には“合わない”なぁ、という具合。この話、友達はピシャリと理解してくれるんだけど、30代を超えるあたりの人たちからは「それはまだ日本をわかっていない」とか「日本が1番いいから」とか全く理解の気も感じられないような回答がたまーにある。それは、“あなた”、“が”、そう思うだけだよね?って(笑)しかもそういう人は経験上、ほとんどが「日本から出たことのない人」。もしくはハワイなどのリゾート地に行って、日本人同士と連むような人(それが悪いんじゃなくて)。

 

うーん。

 

 

今住んでいる日本、

生まれた場所に90%満足しているとする。

 

そしたら、そのまま90%の生活をしますか?

 

それとも、100%の満足を探しに外へ出ますか?

 

 

自分は、「自分が幸せを感じる場所・瞬間・人・空間・匂い」こんなのを究極に突き詰めていきたい。それがたまたま偶然、「生まれたこの街がまさに私の理想の環境です!!」って胸張って言えるならいいけど、「本当は海の近くに住みたいな〜」とか「扉を開けたらイタリアの街並みが広がればいいな〜」とか少しでも思うなら夢物語にせず今すぐ動きたい。今は便利だから大体どんな場所かは行かなくたってネットで十分調べられる。もし気に入った国や場所があれば、もう脳みそ(気持ち)はそこに行っている。あとは体だけ。

 

けれど実際に行って見たら、あれ…!てことなんてことはザラにある。その逆もある。

そこでさっきの質問に戻るけれど、90%と感じていた日本が、30%の国を知ったことにより100%に感じるようになったり、逆に200%満足する素晴らしい国に出会ったことで、日本じゃ1%も満足できねーよ、となったり。そのどちらも素晴らしいことだと思う。だから自分は旅をする。

 

今現在、心は完全に「クロアチア」に恋をしてしまっている。もうあそこに住めるなら住もうかと思ってる。だけどそれも「今のところ」であって、まだ知らないだけであって存在するかもしれない「クロアチアを超える国」、または「クロアチアと同じくらい気にいる場所」があるのかもしれないと思って、もう少し地球を探検したい。

 

そして何より、一箇所だけでは飽きてしまうのが自分の特徴なので、気にいる場所を数カ所、少なくとも3箇所くらいはこの星の上で見つけておきたいと思う。

 

その為には「今日何を着たい?」「今日何を食べたい?」「気分乗らないからやっぱりやーめた」「まだあと1時間ねたいわ」等、自分の心の声を決して社会や日常に混沌しないよう守ってやりたい。そして借金をしてろうが会社でミスをしまくろうが会社を休みようが会社を辞めようがプータローだろうが大事な人を傷つけてしまった時でさえ、“どんな状況だろうと”「オレは素晴らしい」「オレはオレを愛してる」とせめて自分くらいは言ってあげられたらなと思う。いや本気で(笑)地球上で一人、そんなバカがいてもいいんじゃないかな。死ぬ時にはそれが一人じゃなくて、「私も」と言ってくれる人が奇跡的に一人でもいたら、それは奇跡だと思う。恋愛関係なく。そして何より、同じように愛せる人が自分以外に一人でもいたら、その人生はもう花マルをつけたい。

 

 

なんの話だっけ?

 

とりあえず今のところは死ぬならクロアチアがいい。

 

 

 

 

っていう話(笑)