BOKETTO

20歳。高校中退後、「好きなことだけして生きていく」ことを決意。その後ネットで一目惚れしたアコーディオンに会うため、ドイツへ。3ヶ月の旅を終えた今、カメラ、ピアノ、デザイン、イラスト、多すぎる趣味と日々恋愛中。

アパートを手に入れた。

 

ありえないことが起こってます。

 

なんと今、

一日中ピアノが弾けます。

 

アコーディオンだって、

練習できちゃいます。

 

ドミトリーを卒業して、

広い部屋に一人で寝れています。

 

でかいテレビもあります。

 

キレイなシャワールームも。

 

 

ないのはWiFi

だけ。

 

 

 

そして気になる一泊あたりの料金、

 

ゼロ。

 

 

もう二度いいます。

 

 

ゼロ。

 

 

 

ゼロ。

 

 

 

そしていつまで滞在するかは、

 

パーシーの気分次第(ここ重要)。

 

 

 

 

何が起こったのか?

 

 

「リエカ」という街に着いてから、その場で安いホテルを探して歩きました。

 

そして秒でホテルオーナーと仲良くなる、いつものやつ。

 

そして紙とペンがあったから絵を描いてあげたら、「もう一泊していいよ」と。

 

 

ここまではフェイスブックに書きました。

 

 

がこの後、

 

色んな部屋を見せられ、

「好きな部屋選んでいいよ」と言われ。

 

 

広い部屋を選んだ。はずでした。

 

ここまででも充分やばい、サプライズ。

 

 

 

 

話していたら、

 

アコーディオン見せてよ!」

 「いや音でかいから弾けんよ」

 「構わない!お願いだから見せて!」

 

という流れで久しぶりに音を鳴らし、

 

「最高!路上でやんなよ!!!」

 

といういつもの流れ。

に対し、

 

「長い間練習出来てないから練習しないと」

 

と返すと、

 

 

「家にピアノがあるからもし弾きたかったら自由に弾けるよ」

 

 

と。

 

 

近くのアパートに車で連れて行ってもらった末。

 

 

 

それが、

 

 

今のこの天国です。

 

 

にしても、部屋広すぎだし、

ドイツ製のピアノに、

いくら雑に弾いても優しい音。

 

ピアノの上にはホテルと同じ

マリリンモンロー。

 

夢なのか。

 

 

 

色んな話をしたら、

 

彼は今の仕事につくまで、何店もレストランやバーを経営してきたらしい。

 

けど仕事、仕事、仕事で嫌になり辞め、

 

それでも「人間」が好きだから、

今のホテルの仕事に辿り着いたそう。

 

彼も昔は英語が話せなくて苦労したけど、ある日、ホテルに泊まりに来たお婆さんがとても優しく変わった人で、

 

「英語教えて」

 

というと一ヶ月程ホテルに泊まってくれ、毎日英語を教えてくれたそう。

 

 

「彼女は年寄りだけど、本当に美しく、いつも笑っていて、そしていつも歌っていた」

 

 

この言葉を聞いたとき、数日前に会ったハンガリー人を思い出した。

 

彼もいつも、本当にいつも歌っていた。

 

 

ハッピーで素敵な人の共通点は、

とてもシンプルだ。

 

 

 

もう少しで旅が終わるというのに、

身体が疲れ果てるくらい、

まだまだ出逢いや物を引き寄せてしまう。

 

「ありえない」けれど、

 

「ありえない」と思ったままでは

きっと去ってしまうから、

 

 

“自分はそれだけの価値ある人間”

 

 

つまり、

 

「こうされて当たり前の人間」

 

「いるだけで愛されてしまう」

 

 

と思って現実を受け止めることにしている。

 

 

もちろん、感謝は散々した上で、

 

自分がそれだけ価値ある人間だと

自分が一番、自分を信じてる。

 

 


f:id:jigsawww23:20170914215922j:image